オルニチンを飲むと酔わないの?

オルニチンを飲むと酔わないの?

「オルニチンを摂ると酔わなくなる」という噂を聞いたことはありますか?
オルニチンは甘草の働きを助けてくれる成分として知られていますが、お酒に酔わなくなる効果もあるのでしょうか?こちらではそんな噂の真相をご紹介いたします。

■お酒に酔わないはウソ!
お酒を飲む前や飲みながらオルニチンを摂取したからと言って、お酒に酔わなくなるというわけではありません。

「お酒に酔う」という状態は、飲んだお酒が胃や象徴から吸収され、血液に乗って全身に運ばれることによって脳が麻痺している状態です。血液によって運ばれたアルコールが肝臓に送られるとアルコールが分解されますが、肝臓で処理できるアルコールの量には個人差もあり、すぐに全てのアルコールが分解されるわけではありません。

なので、オルニチンを摂取して肝臓の機能を高めたからと言って、お酒に酔わなくなるというわけではないのです。

■二日酔い対策には◎
アルコールは肝臓で分解されると「アセトアルデヒド」という成分になり、このアセトアルデヒドがさらに分解されると無毒化して酢酸になり、その酢酸をさらに分解して水と二酸化炭素の状態にして体外に排出します。

しかし、このアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなると、体内に長く残り頭痛・むかつき・吐き気・発汗などの二日酔いの症状が出るのです。

オルニチンを摂取することによって、肝臓内でのオルニチンサイクルがスムーズになり、毒素が排出するのを助けることで肝臓全体の機能を高めてくれます。
肝臓の機能が高まると、アルコールの解毒分解作用も活性化されるので、二日酔いを防いでくれるのです。

■二日酔い対策にはいつオルニチンを摂ればいい?
二日酔い対策としてオルニチンを摂取する場合、飲むタイミングはいつでも良いと言われています。
お酒を飲む前、飲みながら、飲んだ後などいつ飲んでも効果が期待できるのは嬉しいですよね。

また、普段から継続してオルニチンを摂っていなくても、お酒を飲むときだけオルニチンサプリを摂るだけで効果が期待できるのは嬉しいですよね。

より効果を期待したい時や二日酔いの対策以外に、疲労の改善などの効果を期待する場合には毎日取り続けるのがおすすめです。

トップへ戻る
Copyrights © 肝臓サプリ徹底比較ランキング All Rhights Reserved.